革張りソファの穴の補修

合成皮革張りのベッド台で、角にスレキズと穴が空いた状態。

広範囲にスレキズもありました。

補修にあたっては、革らしいシボを再現することを意識しました。

Before

After


革のベッドヘッド補修

こんにちは、なおして屋・向井です。

 

革製のベッドヘッドの補修です。

かなり広範囲にスリ傷ができていましたが、

気にならない程度に修復することができました。

 

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)

Before

↓After

Before

↓After


レザーのソファ すりキズ補修

こんにちは、なおして屋・向井です。

 

 

レザーのソファについてしまった

すりキズの補修をさせていただきました。

(立て続けです……)

 

beforeの写真は、自分で撮るのを忘れてしまったので、

お借りしたものです。

 

お客さまからは

 

「ぜんぜんわからなくなっていますね〜。じゅうぶんです」

と言っていただけました!

 

家具には思い入れがあるもの。

気持ちよく、末永く使えるようになったのなら

補修した甲斐があります。

 

ご用命、ありがとうございました。

 

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)

Before

After


本革ベッドヘッド 薬品シミ補修

こんにちは、なおして屋・向井です。

 

 

このところ、家具の補修のご依頼も増えてきました。

今回は、革張りのベッドヘッドに

薬品(室内用芳香剤)が垂れてしまって

できたシミの補修のご依頼でした。

 

 

こうしたシミの場合、染みこんだ液体の成分によっては

時間が経ってからまたシミが浮き出てきてしまう

ケースも考えられます。

そうしたことをクライアント様にご説明し、

ご納得いただいた上で施工をさせていただきました。

 

補修という技術は交換とは違い

まったく新しくなるわけではないので、

リスクの予想ができる場合は

誠実かつていねいな説明を心がけています。

 

 

仕上がりはうまくいき、

後日お客さまがわざわざ「感謝メール」というタイトルで

ご感想をメールしてくださり、感激しました。

 

以下にご紹介させていただきます。

 

「11日はベッド 芳香剤染み補修ありがとうございました。

私としては、あまりこだわらず 

ちょこちょこっと 染みを上からなぞり

目立たなくしていただけたらよいと考えて居ました。

しかし、想像を超え完璧な仕上がりと作業で驚きでした。

本当にありがとうございました。」

 

 

F様、とてもうれしかったです!

ありがとうございました!

 

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)

Before

After


ソファーの引っかき傷と穴の補修

こんにちは、なおして屋・向井です。

 

久しぶりに、皮革製品のリペアのご依頼がありました。

本革で、引っかき傷と穴がありました。

シボもできるだけ自然に見えるように

再現してあります。

 

お客さまには「だいじょうぶ、わからないね」と

言っていただけました。

 

ありがとうございました!

 

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)

Before

After


本革ソファの補修をしました

こんにちは、なおして屋 です。

 

お客様の事務所の本革ソファに、

刃物で切ったようなキズがあり

補修をさせていただきました。

革のシボもできるだけ写しとって復元しています。

 

ご用命、ありがとうございました!

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)

Before

After


ホンダS2000本革フロントシートのリペア

いつもありがとうございます。

なおして屋 ブログ担当・店主の妻 ですヽ(*゚∀゚*)ノ

 

ホンダS2000の本革製フロントシートのリペア事例です。

 

ひどく擦れた傷みを修復しました。

深く食い込んだ汚れも落とし、

生まれ変わったようにきれいになり

気持ちもスッキリ(*^o^*)

 

この技術は、かばんやソファなど

広範囲な革製品に応用がききます。

 

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)

本革シートのリペアをしました

こんにちは〜 ブログ担当、店主の妻です。

なんだかちょっとだけ冬が舞い戻ったような

肌寒い日でしたね。

なので、甘〜いチャイをつくって温まりました。

 

今日はホンダS2000の運転席シートをリペアしました。

 

リペア前の状態は、スレとひび割れがひどく、

パンチングの穴と穴の間に多く割れが見られました。

 

全体に汚れがひどかったので、

どのレベルに合わせるかで印象が変わってきます。

今回は、汚れを落として、

オリジナルの色に近づけるようにしました。

 

そして、パンチングの細かい穴まで、正確に再現できました♪

 きれいにリペアされたシートを見るのは気持ちがいいです。

 

この技術は、ソファやカバン、靴などの革製品にも応用できます。

 

 

リペアのご相談・お問い合わせ・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ (^o^)